日本犬保存会 若桐荘日記

夫婦と柴犬の日々の暮らし。『穏やかだったり賑やかだったり』

 6月19日(日)。










 晴れ過ぎず (^-^)/










雨降らず (*´ω`)┛










丁度良い研修日和となりました。










 毎年恒例というように










固まってきた行事の一つです。










 CIMG7651.jpg










 今年は若い審査員に










場数を踏んでいただこうと










岩堀審査員と石井審査員に










講師をお願いいたしました。










 CIMG7652.jpg










 若いも古いも関係無く、










このお二人の










日本犬に対する思いは強く、










そして熱心でひたむき。










継続的で有る事に










改めて敬服いたします。










 CIMG7657.jpg










 これに勢いよく続く










渡辺忠文さんも










じっくり見てました \(^o^)/










 近年、研修内容は










小型8~9割でしたが










今年は中型・小型の案分は半々で










かなり面白かったでした。










 CIMG7698.jpg










 『 構成・四肢・毛質・冴え 』










『 ハンドリングの45度的感覚等 』










 『 系統の流れ 』










 『 気質の変化 』










好きな分野は何回聞いても面白いし










講師の数だけ思いも聞けて面白い。  










CIMG7699.jpg










 質問タイムでは










展覧会で見掛けるシーンについて一つ。










 「 一審で気を使い、










二審で注力して精根使い。










副審査員が審査員に










チェックしてもらっているようだが










あれは、何か有るんですかね? 」










 まあつまり、そこでかなりの時間










待たされるので いやんなっちゃう、っつう。










なお且つ、










何か決められない理由でも? っつう。










 おおかたの意見としては










十数年も勉強してきてる審査員なんだから










キメっちゃってよかろう?










という 優しい大らかな考え。










 最後。










CIMG7693.jpg










 実猟されてる










近藤さんと加藤さんの出番。










 丁度昼時近くになってしまい










お昼の準備に取り掛かり










写真しか撮れなかったんです (泣)










 CIMG7696.jpg










 しかし、










この実猟について関心を持った










若い女性達に囲まれちゃって










恐らく近藤さんは










モテ期到来を感じたことでしょう (^◇^)










 夫は『 映画化 』をススメてましたし・・・。










 ま、そんなこんなの研修会。










 無事に終わってお疲れ様でした。










 次回も 乞うご期待の研修会。










 誠に、










お後が宜しいようで。





スポンサーサイト
 来週の千葉支部研修会まで










家の片付けやら庭掃除をして。










 CIMG7641.jpg










 柴Kちゃんから分けていただいた










糠床に今年の青山椒を入れたざんす!










 CIMG7647.jpg










 香りバツグン。










 う~ん、糠床、










ダメにしないように気を付けよう。










           










 来週の研修は










どうやら実猟の方のお話と










デモンストレーションも有るようです。










 楽しみじゃ (^◇^)