日本犬保存会 若桐荘日記

夫婦と柴犬の日々の暮らし。『穏やかだったり賑やかだったり』

 こちとら『すっとこどっこいよぉ (`・∀・´)ノ』。









 「 二本で充分だろう。 」と植えたゴーヤの苗。









 最近見当たらないと不思議がってた私。









 一本は残っていたが。









その原因が今日明らかになった。









 何てことは無い。









 先日草取りの時に鳥のフンに混じった桑が









種から育ったのかと思い込み草取り金物で









シュッ!!っと取り除いたんだった。









 かあ~っ <( ̄口 ̄||)>!!!!









 思い出したよ。









 あれはゴーヤだったんだ。









桑の葉に似てたからって、









惜しかったなあ。









 CIMG5865.jpg









 CIMG5866.jpg









 メダカが増えちゃってさ。









CIMG5854.jpg









CIMG5862.jpg









 青紫蘇の葉が大きくて柔らかくて香って。









紫蘇を刻んで納豆にまぜて食べてみて。









CIMG5863.jpg









CIMG5859.jpg









CIMG5858.jpg









 CIMG5869.jpg









 ぐっすり寝ているところを背後から忍び寄り。









CIMG5873.jpg









 おっと、起こしちまった。









 ビリビリにした新聞部屋がお好きの様で。









CIMG5871.jpg









 すずおねえちゃんが小夏おねえちゃんに









何度もマウンティングしてたけど









そろそろ来るかな・・・?







スポンサーサイト
 ま、ちょっとこんな叫びで納得。









 今日は休日出勤。









 午後6時に帰宅して。









 犬の周りに点々と赤い馴染の跡が。









 小夏の発情が来たか!!









CIMG5842.jpg









 こっちも、あっちも。









CIMG5843.jpg









 確かにココが原因という証拠!









CIMG5844.jpg









 玄関入ってすぐさま、









「 小夏の発情来たね! 」









 喜んで問いかけると、夫が。









 「 違うんだよ。 」









 「 ? 」









 「 キャッチボールに白熱して









足の裏擦りむいたらしい。 」









 なんつうこと・・・。









 点々が多過ぎて









小夏が若いから量が多いのかと、









それにしても多いとは思いましたが。









 足の裏擦れて血が出たと。









 どんだけ!!??









 他二匹はセーブしながら









キャッチボールしてるんだと。









 三者三様。









 流石に痛くて引きずってるんだって。








        ┐(´-`)┌





 生後70日にして初シャンプー。









 難なく怯えも騒ぎもせず









むしろ風呂場に興味を示し









ラクちんシャンプーだったわい。









 かなはしっぽなど下げません。









 あ~、小っこい時のシャンプーは









可愛くて楽しいわあ ❤









CIMG5839.jpg










           nm_dog034r[1]









 NEC_5573.jpg










NEC_5574.jpg










 和姫さまの興ちゃんと大ちゃん。









 異母兄弟です。









 父親は岩国達磨荘さんの









『 達磨の誉錦号 』が祖父、









阿萬の川荘さんの『 神威号 』、









大野永慶荘さんの『 黒天姫号 』の系統と、









伊豆梅荘さんの『 梅若の早太号 』が祖父の系統。









 大ちゃんの母方は、









讃岐水本荘さんの『 光神竜号 』が曽祖父、









讃岐水本荘さんの『 紅竜号 』が祖父と、









讃岐水本荘さんの『 竹千代号 』も入る系統。









 大ちゃんとすずは同胎犬です。









 CIMG5072 - コピー









 これはすずが我が家に来て間もない頃です。










すずの毛は現在結構固くて長いです。









 握りがとても厚くて









耳の厚さも有り外耳ラインがきれい。









 体躯構成は悪くないと感じます。









 前肢は内側を向き









後肢はストンと下におちて外に向いてない。









この肢の向きは運動させる前の









小さい時からだから産まれ持って。









 額のラインと鼻ラインの角度は









ほんのちょっと少ないかな?









目の虹彩は濃茶褐色で大丈夫。









フンも太くて歯も舌もOK。









 落ち着いてはいるけど









気性が少々甘いのかな。









 10月頃に発情が来たら









和姫さまと同じくお師匠さんとこへ









交配に行って来ましょう。









 同じく6頭くらい産むのかしら。









 我が家は今迄3頭が最多です。









 庭に仔犬が6頭もチョコチョコしてたら









幸せ~  ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪









 仔犬好きのとーさんはどうなっちゃうんだろ。 






 昨夜の総選挙。









 つい、見ちゃったわ、おばさん。









 まゆゆかな~? って思ってた。









 気の利いた可愛いコメントしてたね。









 彼女たちの経済効果も凄いだろうし。









 東北の復興支援を定期的に









熱心に続けてるし。









 何気にファンなのよね、私・・・。









 プロデュースした人は、秋元康?









今更ですが・・・、良く考えてるなあ。









 で、こちらも『 NKS 48 』。









 『 NIHONKEN SHIBA 』っていう。








 
 どう、かなちゃん?









 11月は広島で総選挙よ (^◇^)









CIMG5822.jpg









 CIMG5828.jpg










 CIMG5832.jpg









 CIMG5834.jpg






 行って参りました。









 夢の島。









 BumB東京スポーツ文化館前の









多目的広場の一角。









 CIMG5744.jpg










大木が枝葉を広げて。









真夏日の様な陽気でしたが









木陰と涼しい風が抜ける









気持ちの良い環境の中で









研修会を受講して参りました。









 CIMG5746.jpg









 岩佐先生です。









 午前の部は鑑賞会です。









 これからの展覧会の出番をスタンバっている









幼稚犬クラスからスタートです。









CIMG5753.jpg









CIMG5755.jpg









CIMG5763.jpg









 仔犬を見て説明してくれてます。









 実際、全部産まれた仔犬を









残しておけないので









1~2頭選出せねばならない場面に









役立つ『 仔犬の見方 』を伺えました。









 「この仔は楽しみな仔です。」って (^v^)









この仔も雌らしい愛らしい仔でしたよ (^v^)









CIMG5765.jpg









 CIMG5769.jpg










 このこは、まだ展覧会は経験ないのだそうですが。









 綺麗に手入れされていましたね。









 CIMG5776.jpg









 毛色も冴えてるこの雄柴さんは。









先生が被毛をさわって御覧なさいと









皆に薦めてくれまして。









 勿論、経験は大事ですから









触らせていただきましたよ (^◇^)









 バリバリした硬さのある被毛でした。









 「 こういう硬さが良いんです。 」









 ふーむ、なるほど。









 CIMG5783.jpg









 この日は90%の割合で柴。









 貴重な中型2頭の内の1頭。









CIMG5784.jpg









 遠くから全体を見て、









それから頭部・顔や尾の様子を見る。









 良しとする尾の表現をまた一つGET.









 午前は









“どういう状態の犬を選ぶか”









ということなんだなと私の耳は









そう聞きました。









 CIMG5790.jpg









 午後からは建物の中、









2階の研修ルームAで研修です。









 『 地犬 』と『 異血 』のワード。









 日本の環境下で受け継がれた姿は









平坦な地で暮らすヨーロッパの犬の









骨格と同じワケが無い。









 日本犬のスタンダードとする骨格基盤は









根拠が有るんだと。









 日本の地形に影響されるものだと。










 そうだろうなあ、納得。










 耳型の表現が









当時の日本犬保存会のものと









現在のものとは違うのだが、









データが揃えば変わっていくのだとか。









 それと、









異血を除いていくというということは









以前の純血柴に戻していくということで。









 これこそ保存の意味するもの。









 ところで、









耳と同じように毛も残っていなかったのか。









 今後の為に毛は鞣して残しておいた方が









良いだろうなあ。









 で、犬はサイクルが短いから









ひょっとするとほぼ純血に戻していくのに









時間は掛からないかもしれない。









 余談ですが、









人間は人間の起源に戻せるか?









 ふふっ。









人間の初めが分からないから









戻そうにも何を選択したら間違いないのか









分子系統学、難しい。









 午後は日本犬の保存について









私の耳は聞いたと言ってます。









   許されるなら、









日本犬学部・柴犬学科を専攻し学びたい。









 WOW!









(๑╹∀╹๑) 建築とどっちが面白いかな?









 研修はどこの支部もが開催し









学べるチャンスは全ての会員が持てたら









日本犬を保存するにも









楽しむにも深みが出て









プラスだと考えます。







 

 それから、









大きい団体にのまれることなく









日本犬は日本犬保存会にお任せを。









 日本犬保存会の標準が









日本犬を見る判断材料だ、と。









 う~ん、頑張ってください。









 やっぱり、審査員さんは









日本犬を沢山見たり飼ったりして









独自のデータも必要なんですね。









 大変興味深く受講させていただきました。









 満足感に浸っております (^◇^)









 ありがとうございました!!








                









 この後、









真っ直ぐ帰らずに









Yさん宅・清四郎荘に立ち寄りまして (^◇^)









 短い犬談義をちょろんとして。









 日本犬・柴を満喫した一日の締めくくりは









お師匠からプレゼント。









 CIMG5811.jpg









 我が家にNEW FACE・・・ (。◠‿​◠。)









CIMG5816.jpg









 かなです。









 よろしくです。