日本犬保存会 若桐荘日記

夫婦と柴犬の日々の暮らし。『穏やかだったり賑やかだったり』

 来週に展覧会出陳される先輩方は





きっと犬の手入れに余念が無い日曜日に





なっているに違いないです (^◇^)





 我が家も被毛の手入れをしてやりました。










CIMG4652.jpg





 突然ですが、展覧会等の





アウトドアにGOODなGOODSをご紹介。





 オンウェー株式会社さんの





折りたたみ式の椅子です。





 角度を持たせた設計で





深座り型じゃ無いようにしてあり





立ったり座ったりの多い方は





この椅子の角度が立ち上がるのを





楽にしてくれてます。





 おススメです。





 












CIMG4648.jpg





CIMG4649.jpg





 そして、突然ですがPARTⅡ。





 『 長崎 』 と書いて『 やわらかい 』と読む、





 バウムクーヘンです。





 私的にはコーヒーにあうと思います。
















 CIMG4653.jpg





 涼しくなると動きが活発になってきます。





 展覧会を始めて、家の中に





犬用のGOODSが増えました。





 片付けたいのです・・・。





 活発になり本日稍疲労気味で。





 思っただけで手付かず。





  (+o+)    (´〇`)    (*´0`) 





 やること沢山有って、嬉しいわあ。





    ガ ン o(`・ω・´)o バ レ







 
スポンサーサイト
   CIMG4642.jpg




 いつもはこんな真っ青な夏空なのに




今日は、雲に覆われドンヨリ~ 




 















 届きましたね、第4号の『 日本犬 』 。





CIMG4646.jpg





 どんな記事が有るのかな?





ゆっくりじっくり読みましょう (^v^)













 秋がスタートするので、





昨日は夫が妻抜きで、犬の集まりに。





 先輩方は相変わらず熱心の様です。




 
色々聞いて帰って来たようです。





 じゃあ、今はどんな感じかしら?





 ▲ベースの三辺を上手に綺麗に走れるか?





 → 遊んでもらえると思ってはしゃぐ。





 心配ない、心配ない。





解決策は単に練習あるのみ。





 落ち着いて出来るようになるまで出さない。





 9月7日だとまだ二匹は幼犬クラス。





 それに1回目の発情も来そうだし。





 10月からしっかり臨めるだろうか。




 
 CIMG4147.jpg




 こんなんで、





CIMG4153.jpg





こんな感じで、






 CIMG4161.jpg




かわいくて、





 CIMG4294.jpg




 ちっちゃい子犬ちゃん時代。





 既に終了。





 チビ子たち!





 HERE WE GO !!
 



       












 お盆過ぎりゃあ、そりゃあアナタ。





 秋に向けて心が走り出すんですよ。





 9月7日の栃木支部展の申し込みも





始まってるんですから (^◇^)





           yjimageLZ95Z2BJ.jpg





   シャンプーDEBUT 




 ユニットバスの“11911”サイズの窓を開け。





 ( ホラ、青空も木も見えるしセミの声も聞こえるよ。 )





 ぬる湯の温度設定のシャワーで。





 ( ね?優しい犬肌温度でしょう? )





 飼い主二人は満面の笑顔で。





 ( パパとママが洗ってやるから安心してね。 )





 一応、出来る限りの環境を整えて。





 いざっ、洗え~!!





            yjimage7HG9GCGQ.jpg




 怯えることなく、ヘタレることなく、





大騒ぎすることもせず。





 これなら、また天気の良い日は





シャンプーしてやるぞ、





って感じの初戦でした (^◇^)





 そして、シャンプー時に有りがちな印象、





洗うとやせっぽっちの姿になるかと思いきや。





 小夏の胴はかなり胴太でガッチリ型。





 千夏の体も細く無く、しなやかだ。





 意外だったわ~。





 で、毛質はバリバリ。





 今までにこんなバリバリの毛は無かった。





 きゃあ~、野性味有る女子だわあ~。





 



       CIMG4636.jpg





 CIMG4638.jpg





         CIMG4641.jpg





 あとは下毛がふけば良いかな。





 自転車引き運動も嬉しそうに走るし。





 良し良し o(*⌒―⌒*)o

 



 熱い秋はやってくる!!




 
 あとは、





日曜日に仕事を入れないようにしないとね。










 

 台風11号は雨・風共に強かった。





 四国・中国地方は被害もかなり出ました。




 
          yjimage[2]





 







 
 こちら千葉では台風の影響で





非常に不安定な天気になりました。





 日が射したり、突然豪雨に見舞われたり。





CIMG4622.jpg





 CIMG4623.jpg





 女子柴達は、台風を





どんな風にわかってるんだろうか。





 CIMG4628.jpg





 風で行き来する落ち葉を





しばらく目で追う小夏。





                





 薄ら汚れてきている女子達・・・。





 ( 注 : 被毛が汚れているだけですから。)





お盆休みに体を洗ってやるからね。





     



 お盆の準備でもと考えていたが





天気が荒れてるから家から出られない。





 ホントは先月お盆。





でも、今月お盆・・・。





 

 8月3日(日)の東京支部鑑賞研修会に





参加させていただきました。





 杉並区の蚕糸の森公園にて鑑賞会。





歩いて傍のセシオン杉並にて研修会。






 講師は岩佐審査部副部長さんでした。





 Yさんと沙都ママさんからお誘いいただきまして。





 CIMG4595.jpg





 歴史ある場所なりに構えが違って・・・。





CIMG4596.jpg





 年数を感じさせる大木が





広く枝葉を茂らせた下で





鑑賞会が始まりました。





 岩佐先生のご挨拶。





CIMG4600.jpg





 ぱっぱっぱと要領良く済ませて





さっさと本題に移って行きます。





 我が家も連れて行く予定でしたが





お腹が緩んで調子優れずお留守番。





 CIMG4601.jpg





 暑い中、愛犬を心配してお留守番にした方も





勿論いらっしゃいましたが、





十数頭は集まったのではないでしょうか?





CIMG4602.jpg





 CIMG4604.jpg





CIMG4605.jpg




CIMG4613.jpg





CIMG4610.jpg





CIMG4607.jpg





CIMG4616.jpg





CIMG4618.jpg





 まず、その犬の “ 欠点・短所  ” と





“ 美点・長所 ” をどんどん見て教えてくれます。





 欠点を言うことにやや驚きましたが





鑑賞会後の研修会の講義を聞けば





素直に納得出来るんです。





 『 欠点の無い犬はいない 』から。





 連れて来れなかったことに後悔するくらい。





 『 審査員はこういうところも見る。 』





 そういう話が聞けたのも満足度が





UPした理由なんじゃないかな。





 結構細かく聞けたので良かったです。





 全犬鑑賞して鑑賞会は終了。





 その後の愛犬の預かりを





沙都ママさんが自転車で十分程度の





ご自宅でと受けてくださったんですよ。





     ヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ





 2部の研修会場に移動して。





CIMG4619.jpg





 出始めは 『 日本犬 』 のそもそもの話しから。





 これなくしては本来の日本犬の姿の





イメージが出来ずピンボケの状態だったでしょうね。





 学術的な感が有りまして。





でも日本犬への焦点が





ある程度定まりました。





 『欠点ばかり見つけ出さず





何だかわからないけど凄いなと思わせる犬』





 『凛として全てに力がこもっているもの』





 写真を見ながら





成る程、こういうことか。





 今まで考えていたことで間違ってないな、とか。





 ひとつひとつ確認できるような内容で





ためになりましたねえ。





 日本国土で適応してきた地犬・日本犬。





だからこそ被毛や目の色や形、





姿形について標準という定義を用いる。





 『 標準 』というのは動物学的にであって





人為的なモノではないんだと認識しました。





 「形良ければ性能も良いはずだから





猟はさせないがきっと良い仕事も出来るはず。」





ポイントポイントを教えてもらえて急に





自分の犬をじっくり見たくなりましたもんね。





 o(`▽´)o





 裏白のことについても





「前が白いのを以前から“うなぎっぱら”と言って





よろしくないとしていたんです。」 なんてね。





 異血の混入についても事実に





基づいての話しなので興味深かったです。





 今後の随分な糧となったと、





有意義な一日だったと





とても嬉しかったです。





 東京支部の皆様、ありがとうございました。





 岩佐先生、また講師をお願いします。





    (ノ´∀`)ノ♪





そして、役員の皆様、





沙都ママさんお疲れ様でした。





 研修は、みんなの認識度をUPさせ





今迄とは違った見方も楽しめます。





 本当にありがとうございました。