日本犬保存会 若桐荘日記

夫婦と柴犬の日々の暮らし。『穏やかだったり賑やかだったり』



                  s-umi-image016[1]






 昨日今日の土曜・日曜は





かろうじて風が吹いていたので





とりあえず扇風機無しでも





過ごせた休日となりました。




 
                     s-uchiwa002[1]

 









 CIMG4582.jpg





 昨日の長女。






CIMG4585.jpg





 そして、次女。






 いい加減なもので、





呼び名は一旦決めたんですが





育つに当たり以前の名前のイメージが





違ってきたらしくて・・・。





 今は長女は『小夏(こなつ)』で、





次女は『千夏(ちなつ)』なのよね。





 勝手な飼い主でショーガナイです (^◇^)





 CIMG4587.jpg




 今日の、いわゆる小夏?





 CIMG4588.jpg




 続いて今日の千夏?





 気持ち良く寝てるんですわ。





                yjimage[2]





 夕方から以降、





雨の予報。






どれ、買い物に行ってきちゃおうっと。







                          




 
スポンサーサイト
 梅雨明けを宣言するかのような。





 雷鳴。
 




 轟く。





         yjimage[5]




 梅雨明けしたら、





本格的な夏の到来か・・・。





 柴姉妹も最近の暑さで





やや食欲が落ちてきた・・・。





 飼い主は、依然旺盛のまま。





 (`ー´〃)





 そんな我が家に





旺盛さのDNAを受け継がれた





孫娘がやってきた。





 CIMG4546.jpg




 先ず、生物の勉強。





 じじとばばの家に来ると楽しい。





そう、インプットさせるために





あの手この手。





 実は、そんな手はいらない。





 じじが素でおもしろい。





 CIMG4557.jpg




 CIMG4556.jpg




 いつも上からしか見ていないメダカ。





 横から見るとこんなんだよ。





 CIMG4565.jpg





 もともと、ワンワン好きの子だから





そんなにじっと見ているわけではない。





 メダカよりワンワンの方が好きなんだな。





 じじもばばもワンワンの方が好きかな・・・。





 

 CIMG4570.jpg





 食っちゃ、





 CIMG4575.jpg




寝、





 CIMG4576.jpg





食っちゃ、





           yjimage5B51M2P6.jpg




 まあ、健康体で宜し。





 チビッコハンドラーデビューは、





まだまだ先の先ですね。





 



 
 湿度78%の今日は





ベッタリ感が不快な一日になりました。





 そんな今日は、





市の文化協会主催の





『 チャリティー芸術祭 』で





構成吟『 氷雪の門 』 をやりましてね。





 “ あの夢 この夢 楽しき青春 み国に 





     捧げて 九輪の花散る ”





 “ さようなら さようなら 最後の電話の





     凛々しきあの声 忘れじ 今も ”





 この2行を担当したんですけどね。





 吟ずるポイントは、





樺太で





ソ連軍の上陸掃討作戦が始まるまでに





引き上げることが出来ず





職務を全うさせるがごとく





電話交換手の乙女たちが残り、





最後、青酸カリを飲んで集団自決をした。





という 切羽詰まった感じと





「内地の皆さん、これが最後です。





さようなら。さようなら。」





様々な思いを抱いて最後を迎えた





若き乙女たちの心。





 この辺が上手く吟じて表現できるか、





ってトコなんです、はい。





 乙女の何倍も年をとった





おばちゃん、おばーちゃん等が





ステージに上がってやるってこと自体、





大変な無理が有るんですけれど。





 そんな無理さは横に置いておいて。





 でもね、





滅多に会話をしたことが無い





他の流派の女性の師範が





「良かったわよぉ。涙が出て来ちゃったもん。」





って、廊下でお会いした時に





仰ったの~ 





 



 頭には『 日の丸 』の入った白い鉢巻をし、





白いブラウス(オシャレじゃない事務用)を着て、





モンペをはいて、





先生手作りの布草履を履いて、





胸には白布の手書きの名札を付けて、





茶色の手作り布横かばんを下げて。






 舞台衣装としては





着物じゃないし





袴じゃないし





白黒ドレスじゃないし。 





 なので舞台に上がらない先輩に






「すみませんが、写真を撮っていただけますか。」





と、是非とものPHOTOを頼んだんですけどね。





 終わって受け取りに行ったら





「充電切れで、





シャッター押すも何も あんた、





動かんかったよぉ。」





って (ー_ー)!! うっそーっ!





 見たら、





ホンマに充電切れじゃった!!





 ほお、それはそれは・・・。





   










CIMG4541.jpg





CIMG4542.jpg





CIMG4543.jpg




 撮れたのは この3枚だけ・・・。





 午前の子供の部の津軽三味線。





 午後の袖で待機しながら





開演前の種目は筝曲の方々。





 私達の始まる二つ前のシャンソンの





ピアノ伴奏の方。





 なんだよ・・・。





 まったく、これだYO!!!
 




 それにしても、





子供たちの舞踊や民謡や三味線や





お琴と、詩吟。




 
 増えているそうですよ。





 礼儀正しく、気持ちが良かったでしたね。





 大したもんでしたよ。





 
 それにしても





日本の技術は素晴らしい!





 そう感じ入りながら見る録画。





 NHKの“ 超絶 凄ワザ! ”。





 やっぱり競争は





技術力をアップさせるんだな~。





 実に面白い番組なので





皆さまにおススメです。 







                






 CIMG4530.jpg





 沖縄の農家の方から譲ってもらって





我が家の庭に植えて早や7年。





地植えにしてからやっと咲きだした





月桃の花。





 ※ 月桃の葉は独特の芳香を持ってます。





 それにしても ( 第二弾 )。





 地植えに勝るものなし。





 鉢植えの時は成長に限りが有ったけど





地植えにしたら、





月桃は花は咲く、





レモンは大きく育つ、





枯れかけたカラーは元気を取り戻し





大きくなって花を咲かせる。





 大地のパワーは素晴らしい。





 


                         






CIMG4534.jpg





 庭石に飛び乗り、





飛び降り。





 土を蹴って走り回る。





 家の周りをグルグル走って数周。





 ひと回りで 約43m。 





 引き運動がまだ早いチビ達には





丁度良いくらいかな (^◇^)





 CIMG4535.jpg






 渋っていた腹の調子も良くなり





快食・快便になった姉妹。





 ろくでもない物でも拾い食いしたんだろ。















 CIMG4536.jpg





CIMG4537.jpg




 夫がメダカの世話をしていたら





関電工のお兄さんに





「良いメダカですね。」





と、声を掛けられ軽く談義をしたらしい。





 「渡された挨拶の紙を捨てるなよ。」 と。





 どうやら、子メダカに良いのがいたら





そのお兄さんに上げたいらしい。





 名前入りの挨拶文だった。





 『 袖振り合うも他生の縁 』 ってね。





                  




 http://www.isuzu.co.jp/museum/song/
 



 
 みんな、頑張ってるな。





 良し!集中させて頑張るぞ!!